エアラインスクールに通う

traveltheworld

初めまして、元外資系客室乗務員のannaです。新卒から外資系航空会社に6年間勤務し、28歳の時の退職しました。この6年間の客室乗務員として学んだ事や思い出をこのブログに書いていこう思います。

このブログが今、客室乗務員を目指している方へ少しでも役に立つ事ができればとても嬉しいです。

さて、私が客室乗務員を目指し始めたのは大学3年の頃。英文科だった私の周りには、CAを目指している友人が多かったのが理由で、CAという職業に興味を持ち始めました。ちなみに大学入学当初は、英語の教師になりたいと思っていた私。

まず、就活活動を始める時に(確かこの頃は大学3年の春)ANAの客室乗務員に内定をもらった先輩からお話を聞く機会がありして、この先輩はエアラインスクールに通う事を勧めてくれました。

エアライン業界にどうしても就職したいと思っていたわけではなかった私は、エアラインスクールに授業料を払って通う事に対して最初をためらったのですが、先輩いわくエアラインスクールは就活での面接の基礎、履歴書の添削を丁寧にサポートしてくれて、エアライン業界以外での就職活動にも対応できるとの事。そして、私は四ツ谷にあるイカロスというエアライスクールに通い始めました。(およそ今から7年前!)有名なエアラインスクールは他には、Vicがありますね。

エアラインスクールに通うメリットとは、面接の基礎を学べるだけではなく、実際に働いているCAの人や元CAだった人と繋がれて質問や相談にのってもらえることができるのがとても魅力的だったのを今でも覚えています。例えば、エアライ業界4社の ANA, JAL, Singapore Airlines, Emirates の社風は全く違く、求められる人材も違います。こういった企業で実際に働かれていた人達と繋がれるというのは、学生の私に取ってはかなり貴重な経験。また、エアラインスクールで出会う仲間もまた就職活動での重要なポイント。情報交換や、インスパイアし合える事がメリット! 最終的には、私のクラスからは9割がCA職に合格。それぞれ違う航空会社だけれども、7年たった今でも連絡を取りあうほど仲良し。私にとって、学生の時に通ったエアラインスクールはかけがえのない思い出です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (will not be published.)