客室乗務員を目指している方へ

客室乗務員を目指している方。夢を諦めないでください!今年や来年の採用は、かなり少なくなってしまうでしょう。私の現役のCAの友人達はフライトがほとんどキャンセルなので、飛びたくても飛べない状況です。しかし、絶対に採用はまたやってくる!

そして、今、学生の方の方で新卒で客室乗務員を目指している方。むしろ、これは人生を長期的に考えるとあなたにとってチャンスかもしれません。その理由は二つあります。

① 外資系も含め、客室乗務員は既卒も大歓迎であること。

しかも、どんな業種からも!もちろん、ホスピタリティー業界のバックグラウンドを持つ人で既卒入社した方もいます。しかし、IT、保険、銀行で、営業をやっていました、という同僚もたくさんいました。CAになるための要素は、英語力、相手の立場から考えられて思いやりのある人、そして明るい性格と素敵な笑顔なんだと思いますよ。私の同僚はみんなこの要素を持っていました。

② 航空業界ではない企業で経験がある方が、CAになってから転職したいと考えた時に、選択肢がかなり広がること。

というのも、CAというのは、憧れの職業と思う人がいる中、せっかく入社したのに2〜3年でやめてしまう方がかなり多いんです。その理由として、深夜便や時差の関係で不規則な生活がきついからCAの仕事はもう限界、というのがかなりあります。しかし、新卒でCAになった人は、その後の転職は、ホテル業界やカスタマーサービスなどには転職しやすいものの、他の業界への転職はかなり行きずらくなってしまうんです。なので、この航空業界の暗黒の時代を使い、他の業界にチャレンジしてみるといった事もチャンスかもしれないのです。そして、1年後、2年後にCAにチャレンジしてみるのも、長期的に人生を考えるとチャンスだと思います。

20代の時に世界を旅し見聞を広げ、たくさんの人に会う事ができ刺激を受けられるCAの仕事は、私にとってかけがえのない経験です。しかし、このCOVID-19の状況は私達がすぐに解決できる問題ではない。

この状況を、プラスに考えるというのは難しいけれどネガティブに考えず、他の企業を経験してから、航空業界にチャレンジしてみるのもありなのです!!スキルアップにオンライで英会話を受講して、将来の面接練習をしてみるのも良いと思います。

みなさん一緒に頑張りましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (will not be published.)